ミティラー美術館徒然草

新潟県・十日町市の濃緑の森にある美術館での日々の出来事・感じた事を、館長&スタッフが心の趣くままに綴ります。

大池通信

de5d2d4b.jpg今さっき、ホームページ公開用の「大池通信vol.6」の作成が終わりました!とはいえホームページでは昨日vol.4がアップされたばかりなのですが・・・私たちの様子を皆さんに映像で伝えられたなーと思い、始めた大池通信。写真の選定とムービー作成を自分が担当させていただいています。

日々の活動(結果的に雪下ろしなどの雪作業一色になってしまうが・・・)から雪の大変さ、雪というものの計り知れない力強さ、は説明なしに伝わるんじゃないかと思います。ただそういった負の面だけではなく、雪には、4メートルを越える雪が降り積もっている中でも「あー・・・なんて美しいんだ」とはっと思わせる雪の表情があります。雪の衣を羽織り気品があり趣きのある山々や木々、久しぶりに顔を出す太陽の光にキラキラ光る雪原。雪が降ることでいつもよりも澄んで見える、静寂の中で見る、月や星の数々。大池にいるからこそ感じることだとは思いますが、今後の大池通信で皆さんに伝えていけたらなと考えています。

前回の寒波到来の時に、今年の雪は五六豪雪を越えるのは確実とニュースで報道されていた。そんな雪にも負けないためにも、雪のすばらしさを見つけていきたいと思う今日このごろ(by.Mn)

さらさら粉雪

8848cab0.jpgミティラー美術館ブログデビューです!「パチパチパチパチ!」(…拍手する程でもありませんよね…(苦笑))

ここでは館長&スタッフの日々の徒然を各々が自由に綴り、美術館を別の角度からお伝えしていこうというものです。

大池の森は、今朝から再び雪。雪。雪。
朝目が覚めると、肌に吸い付くような冷たさを感じました。外を見ると「さらさら」と粉雪が舞っているようでしたが、15分もしないうちに、すっかり大雪に変わってしまいました。今現在、雪は「ぼさんぼさん」と止む気配もありません。それでも、いままでの豪雪の降り方と違うからでしょうか、4回目の美術館と他6軒の屋根の雪掘りが終わったからでしょうか、「あ〜、大変!」と慌てる事もなく、随分と落ち着いて美しい雪景色を眺めている自分がいました。自然と共存するには、時に楽しむ気持ちを持たなければ!

夕方月見亭の窓から大池の写真を撮りました。(by.R.H)



Categories
記事検索
Profile
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ