ミティラー美術館徒然草

新潟県・十日町市の濃緑の森にある美術館での日々の出来事・感じた事を、館長&スタッフが心の趣くままに綴ります。

大池の自然

久しぶりに梅雨みたい

21日に梅雨が明けていたらしい。
どうりで、暑い日が続いたわけですねぇ。
台風の影響があったのかもしれませんが、
当地でさえ、30度を超えるような日が続きました。

今日はまた梅雨に戻ったみたいなお天気でした。
じめじめ〜、ムシムシ〜。

CIMG1834


ススキが咲き始めています。

CIMG1835


そんな中、じろ新さんの菖蒲畑に咲く橙色の花々。
百合の仲間でしょうか。

CIMG1844


CIMG1840


CIMG1842


CIMG1847


次から次へ楽しませていただいています。
ありがとうございます。

小池の蓮の花、咲き始めました。

CIMG1838

元射撃場のお隣りの蓮の田圃

先日ご紹介した元射撃場のお隣りの蓮の田圃ですが、
下りの道から写真を撮ってみました。

CIMG1829


おっ、どなたか撮影されています。

CIMG1830


車より高い位置にある田圃です。
三脚かまえて写真を撮られているということは
知る人ぞ知るスポットになっているようです。

CIMG1831





ヤブカンゾウの花

ところどころに橙色の花が目にとまります。

ヤブカンゾウの花。

暑い夏の陽射しを跳ね返すような、
鮮やかな色です。

これは新道を過ぎて上さんの畑のちかくで。

CIMG1828


CIMG1827


今日は十日町市での「大地の芸術祭」
アートトリエンナーレのオープンの日でした。



緑の絨毯

扇屋さんの田圃では暑かった海の日に
草刈りをされていたました。

新道から見えるその田圃は、
稲が緑の絨毯のように美しく伸びていました。

ここは豪雨災害で崩れたところ。
整備されて立派な田圃になりました。
今年も順調に成長して、実りの秋を迎えられますように。

CIMG1811


CIMG1812


元射撃場近くの蓮の花

元射撃場のお隣りの元田圃に蓮が植えられて、
もう何年にもなるでしょうか。
八重桜と同じく佼成会の関係で管理されているのだと思います。

蓮の花が見頃になっていました。

ちょっと上にあがった田圃になりますので、
もったいないですが道からは見えないのです。
下っていくと、おー咲いてる〜と分かります。

CIMG1778


大池の小池の蓮の花もきれいですが、
こちらは少しピンクの色が淡い色味、
とてもきれいでした。

CIMG1766


CIMG1767


CIMG1776


CIMG1773

夏〜

まだ梅雨明けとは聞いていませんが、
からっと晴れて、夏の朝です。

CIMG1781


CIMG1780


菅沼こども村の準備が進んでいます。

看板が立ちました。
子どもたちは菅沼の生誕地道場からこの辺りを巡って、
要所要所で質問に答えたりするみたい。

CIMG1779


CIMG1784


ネムの木から蝉の声が聞こえたので、近づいてみました。
いましたよ〜。

CIMG1785


CIMG1786

新しい看板に

朝歩けなかったので、夕方歩くことに。

CIMG1755


折り返して石碑の家を過ぎたあたりで、
後ろの方からザッザッと音が聞こえてきて、
なんだろうと振り返ると男性が走ってのぼってきていました。

おー、この道は走るのにいいのかもね。
私を追い越していきました。

CIMG1753


さて、諏訪神社のとこの新しい看板、
あれ〜なんかくっついてます。

CIMG1763


CIMG1762


蝉の抜け殻。
看板の足下からトコトコ上ってきて、
ここで羽化していったのね。

CIMG1756


CIMG1759




収穫

ようやく夏野菜が取れるようになってきました。
きゅうり、ナス、ピーマン、ズッキーニなど
少しずつですがいただいています。

CIMG1733


ファーム担当というわけではありませんが、
主にMnくんが朝、夕、仕事の合間に管理しています。

ズッキーニ
今年は成りが早いです。

CIMG1736


カボチャのような花

CIMG1740


CIMG1741


CIMG1742


今年はオクラの成長がとても悪く、
まだまだ10cmに満たない。
雨が続いたせいか、暑くなり過ぎたせいか、
種が悪かったのか、芽が出てから、
次の段階への成長がずっと止まっていました。
どうなるかなぁ。。。

大日如来様にステンレスカバーが

降りそうで降らない梅雨時の朝。

CIMG1640


ありゃぁ何だ?という感じ。
昨日は何もなかったよねーと自分に問う。
突然視界に入るピカピカしたもの。

CIMG1639


今まで道祖神のようにそっといらっしゃった大日如来様が、
ステンレスの屋根つきのもとにいらっしゃる。
事の経緯は分かりませんが、。。。。

CIMG1636


大日如来様にお許しを願い、正面から撮らせていただきました。

CIMG1638


いつからこの地にいらっしゃるのでしょう。

それにしてもピカピカのステンレスカバー、大雪に耐えるかしら?



じろ新さんの所の菖蒲

じろ新さん(屋号)が丹精して育てている菖蒲が見頃で、
楽しませていただいています。

CIMG1619


CIMG1621


CIMG1620


ありがとうございます。
Categories
記事検索
Profile
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ