ミティラー美術館徒然草

新潟県・十日町市の濃緑の森にある美術館での日々の出来事・感じた事を、館長&スタッフが心の趣くままに綴ります。

大池の自然

照らされて

雲が薄くなってお日様の光りが洩れて
美術館の辺りが照らされていました。

CIMG1503


CIMG1502

道坂さん2回目の草刈り

道坂さん、2回目の草刈りをされていました。
ありがとうございます。

声をかけると、
新道からこちら側をやってるんだそうです。

道坂さんがやってくださった後は、すっきり清々しくなります。

刈るだけでも暑くて大変なのに、刈りっぱなしではなくて、
刈った草を集めて捨てられているからなんですね。

CIMG1481


CIMG1482


ありがとうございます。


小池の今

小池の今といいますと、
蓮の葉っぱが成長してきました。

CIMG1470


何もなく、沼のようだった小池ですが、
朝や夕方の静かな時に、近くで耳を澄ましますと、
日々、ぽっ ぽっ ぷち ぽっ ぽっ ぷち と
小池が呼吸しているような、
あちらこちらから、
ぽっ ぽっ ぷち ぽっ ぽっ ぷち と
何やらエネルギーが湧き出す音がしていました。

だいぶ葉っぱが多くなってきています。

CIMG1471


CIMG1472

ヴェールのような蜘蛛の巣

あじさいの群生近く、
足下をふとみると
あら〜
ヴェールのような蜘蛛の巣

CIMG1444


CIMG1445


CIMG1446




楽しい道

たったたったと歩いているわけですが、
季節の移ろい、花々との出会い、
楽しい道を歩ける、私はなんて幸せ者でしょう。

石碑の小屋までの道脇で

CIMG1401


シシウド

CIMG1399


あっ ホタルブクロ

CIMG1397


CIMG1425


ノアザミ

CIMG1404


CIMG1402


きれいな紫色ですねぇ

CIMG1405


ウグイスの声を聞かせてもらいながら

CIMG1416


おー オカトラノオ〜

CIMG1410


CIMG1408


CIMG1411


オオバギボウシ

CIMG1420


あら〜 もうヒルガオ(葉っぱがコヒルガオみたい)

CIMG1423


CIMG1422


昨日は豪雨なみに雨が降りました

昨日は午後から夕方、豪雨なみに雨が降りました。
雷もゴロゴロゴロゴロ。

夜もずーっと雨でした。

雨上がりの朝。

CIMG1389


CIMG1395


梅雨ですね、
今日は晴れ間があってもすっきりしない。



オカトラノオ見ーつけ

久方ぶりにオカトラノオを見つけました。

美術館への二宮さんに向かう一直線の始まりあたり。

CIMG1385


まだ白い花は開花前のようよ。
咲いたらまたご紹介します。

CIMG1386


近年どうしてみないのかなぁ、と思いましたら、
ちょうどこの頃は、道脇はどこも草刈りされる頃。

ここはすでに1回目早めに草刈りされた場所のため、
出てきたのかしらねぇ。

先日のホタルブクロですが、草刈りでなくなってました。
しゅん。


久しぶりに晴れ〜

雲がひいて晴れてきそう。

CIMG1377


青空がひろがって。

CIMG1380


新道から眺める。
下の方に広がる葦にはオオヨシキリの声が響く。
オオヨシキリの鳴き声はリズミカル、
ギターにドラムスになんでもござれ〜

CIMG1381


ふふ、きれいでしょ。

CIMG1383

シシウド誰よりも高く

シシウドは誰よりも誰よりも、
少しでも少しでも高く伸び上がって、私はここよ〜っ!と
花を広げる。

これから山のあちらこちらでその姿を見ることができるでしょう。

まだ花は完全に咲いていないけれど、
その立ち姿にひかれて。

CIMG1352


CIMG1349


CIMG1353


CIMG1354


CIMG1356

ヤマホタルブクロ

お墓の道より手前、
ヤマホタルブクロが咲いていました。

CIMG1370


CIMG1369


ふっくらと愛らしい。

CIMG1365


昔、この花の中に蛍を入れて遊んだことから、
この名前がついたそう。
きっときれいだったことでしょう。

CIMG1366


CIMG1368





Categories
記事検索
Profile

ミティラー美術館

濃緑の森にある廃校になった小学校を利用し、1982年に設立された私立の美術館。ミティラー画をはじめ、インドのコスモロジーあふれる豊かな民族(俗)芸術を収集、常設展示しています。また、来日するインド人描き手の新たなアートの創造の場となり、その作品群はインド政府より量と質において世界に類がないものと高く評価されています。この美術館を拠点に全国への「出張展覧会」や、南の国の文化紹介などの文化活動をしています。2004年10月の新潟県中越大地震で被災のため、1年9ヶ月間休館しておりましたが、2006年7月22日、大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ2006協賛「インド民族アートの世界」展にて再オープン致しました。

Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ